・

・・【 メニュー 】

ウレタン加工

■加工機械紹介

■カット(加工)サンプル

■別注・製品 事例

■ウレタンフォーム

●寝装品

■寝具のご紹介

■リフォームとは?

■寝装部より

●ショッピング

■マットレス

■マクラ

■羽毛ふとん

●インフォメーション

■お問い合わせ

■特定商取引法表示

■プライバシ・ポリシー

§§ リンク §§

Nisshinbo ピーチウレタン
エイワニーズ株式会社   TEL 048-994-4711


・・【 管理者ブログ 】
本編とは関係ありません


 寝具のリフォームをお勧めする理由!
【 綿の敷き・掛けふとんをご使用の方 リフォームをお勧めいたします 】
・近年の環境問題の大きな1つとしてゴミの問題があります。特に寝具のゴミはワースト3位に入っている事を知っている方も少なくないと思います。しかし多くゴミに出される寝具こそ環境問題、ゴミ問題を大きく変えられる物なのです。かんたんに言ってしまえば、今、ご使用の敷きふとん・掛けふとんは綿のおふとんですか?どの位の年数をご使用ですか?・・・5年以上ご使用の方、5年以内でも買い替えをお考えの方!『打ち直し』をお勧めします。
人生1/3は眠りで過ごします。人は衣料にお金をかけ、その衣料は洗濯やクリーニングを怠る事無く生活しています。それは汗や汚れを落とし清潔にしたいと考えるからです。ですが寝具はどうでしょう?人は睡眠中に多量の汗をかく事はご存知かと思います。その汗を吸収している敷きふとんのアフターをおろそかにされている方も多いと聞いています。言ってみればそれは洗濯をせず、毎日同じ服を着ている状態です。  そして使用するだけ使用して古くなったら買い換える。過去、この繰り返しが今のゴミ問題になっていると言っても過言ではありません。 
では綿のふとんの洗濯やクリーニングとはどのようなものか?・・・それは
『打ち直し』です。『打ち直し』とは、今ご使用のおふとんの中身(綿)をリサイクルし、新しい側(外生地)で仕立て直しをする事です。
当然古いふとんは厚みが薄くなっていると思いますが、この『打ち直し(リフォーム)』をする事で、購入時同等の状態のふっくらしたおふとんになりますし、今まで使用していた綿を使う訳ですからゴミも出さず、新しく購入するより割安になります。
(町のおふとん屋さんにご相談を!)


【 綿(コットン)アラカルト 】
綿(ふとん)の特徴は?
綿(ふとん)は保温性、吸湿性があり日干しによるかさ高性に富んでいます。又綿(コットン)は繊維が中空の構造になっていて、しかも1本1本の繊維が天然のよじれをもち、適度な硬さと弾力性を作り出しています。
また天然のよじれを持っている為、日干しする事により吸収した湿気を放湿すると共に、ふっくらとよみがえり(回復力)保湿性を高めます。

綿(ふとん)の日常の手入れ方法は?
綿(ふとん)は、天気の良い日に午前10時〜午後3時位の間に片面を2時間位日に干して下さい。吸収した湿気を放出し、ふっくらとした弾力性、保温性を取り戻します。又日干しする事で、殺菌、消臭になります。特に太陽光線の紫外線による殺菌効果は、古くから寝具・衣料の衛星維持に利用されています。

  



 【 羽毛ふとんのリフレッシュ 】
【 羽毛ふとんのリフレッシュって? 】
・今、羽毛ふとんのリフレッシュが大変多くなっています。 では?そのリフレッシュとは?
考え方は『打ち直し』とにています。早い話が外の生地は新しい物と交換いたしますが、中の羽毛はとても高価な羽を使用している布団をお使いの方が多く、言ってみればその羽を殺菌しクリーニング洗浄し、新しい側(外生地)に吹き込むことで、今までの機能を損なう事無く新品同様になります。

   

 
【 羽毛リフレッシュ工程 】
.
1 2 3
4 5 6
7
【 リフレッシュ、一口メモ 】
羽毛ふとんの生地は特殊な加工が施されています。その加工とは中の羽が外に飛び出さないようにするものです、その加工は水も中に入れない(弾く)ようになります。よって通常のクリーニングでは中に水が浸透しない為、中の羽は洗浄できません。シーズンオフの片付けにはよろしいと思いますが、使い込んだおふとんでは、あまり効果は期待できません。使用感のあるおふとんは、写真のような工程で仕上げる本当の羽毛リフレッシュをお勧めします。